2002年から2006年までの旧HP 過去ログ帳
by tamamikot

過去ログ帳です♪

まだブログが普及していなかった2002年5月に ドリームメールの
簡単HPを始めました。
『蔵のある家』という芝居の稽古中でした。
簡単日記と 掲示板。
2003年10月から 1年間北京に 行って帰国して しばらくすると
ドリームメールのHPはサービス停止。そのままgaiaxに移行。
そのgaiaxが 2007年12月にサービス停止となりました。
過去ログ帳として 更新せず 置いておいたページですが、
一日 五人くらいは 見てくださる方がいらっしゃるし、
日記と掲示板も 今から 五年後、十年後に 見てみたいし、
このまま消してしまうのも もったいない気がして、
このブログに 保存しました。
他の場所にある ウェブアルバムが サービス停止になったりしたら、
また ここに移せますし。

なんか 本サイトより デザインがカワイイ。
エキサイトブログって 使い勝手もよさそう。

あんまり更新できていませんが
本ブログは

http://blog.goo.ne.jp/tamamikot    です。 


  たまみこ☆
[PR]
# by tamamikot | 2007-12-04 08:50

旧日記2004年1・4~6・6@北京

タイトル | 新年快楽!

作成日 | 2004-01-04

アクセス数 | 119        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

あけましておめでとうございます!
元旦の朝は
八達嶺長城に 初日の出を
見に行きました。
夜明け前の まっ暗な長城を昇るのは
ちょっと おっかなかったし、
寒かったけれど、
空には 信じられないほど美しい
満天星が見えました。
中国は大きい、
長城も大きい、
宇宙はもっと大きい。
お星様と お日様に
来る年の お祈りをしました。
その後の展開は
新年早々 御利益有りすぎかもヽ(^o^)丿
いい年でありますように!


タイトル | 春節

作成日 | 2004-01-22

アクセス数 | 112        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

過年(年越し)には、
花火が あがり、
禁止されているはずの 爆竹も
ひっきりなしに鳴っています。

おとといくらいから
留学生楼の向かいの
中国人学生寮は
みんな帰省してしまって
無人状態だし、
留学生も 半分以下に
なってしまいました。

さすがの私も
ホームシック(>_<)

CSで 『澪つくし』が
放送されているそうで、
このHPの掲示板へのカキコや
メールを いただいて
びっくりしています。
検索から 辿って いらしたのだと
思います。
19年めの 有縁分。
ありがたいことです。
 
私に とって
初めてのテレビドラマで、
いきなりの 朝ドラで
出番も多かった。
私なりに 懸命ではあったけれど、
取り組み方が 甘かった。
だから その後が
続かなかったのだと 思います。

二十年やってきて
誉められ始めたのは
(といっても ごく一部の方にですが)
この二年くらい、だなんて
遅咲きにも ほどが あるなぁ。
 
うん、今日は ちょっと寂しいし、
日本に帰りたくても帰れない時は
つらいけれど、
中国デビューを 目指すんだ!



タイトル | 日本大使館閲覧室

作成日 | 2004-01-28

アクセス数 | 123        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

初めて行ってみました。
建国門の日本大使館に隣接していて、
身分証と写真を持参して
会員証を作っていただくと、
無料でパソコン(ネット)や
本の閲覧ができます。
素晴らしい。
ビデオも 一部を除いて
三本まで 二週間借りられます。
さっそく 姜文の 昔の映画
「芙蓉鎮」と「赤いコーリャン」を
借りてきました。
だいぶ前に観たけど 忘れちゃったし、
今 マイブームは姜文先生なので♪
うーん 日本語字幕があるって
いいなぁ。
あとは 初期の
「古畑任三郎」も借りました。
自分で望んで来た北京留学ですが、
春節の おやすみ期間に
引きこもっていたため、
ちょっと煮詰まっちゃいました(>_<)
この休みに 一時帰国する人も
多いのに
私は帰れないし・・・
今日は この閲覧室の後
王府井の 東方広場を歩き、
最後は 王府井書店で
独学の参考書とテープを買いました。
充実の一日。
また やる気まんまんだ!
ちょっと躁鬱気味?


タイトル | びっくり物価 びっくり容術

作成日 | 2004-05-01

アクセス数 | 120        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

表演系三年生の聴講生として、授業も面白くなって、北京の生活も 順調なんですが、パソコンが 故障してしまいました。
こちらで パソコンを 買うと、帰国後のアフターサービスに 問題がありそうで、
買いたくないし・・・なんとか直って欲しい。
北京は 食べ物や 按摩などは
びっくりするほど 安いのですが、
電気機器が 高いです。
携帯(手機)なんて 安くて三千元、
最新機は 五千元もします。
7万円の携帯なんて・・・
買えないよ〜買えても買わないよ〜
日本じゃ 安いの知ってるから。
あと びっくりしたのが
写真スタジオの撮影料金。
クラスの男子の 宣材写真が
実物以上に 撮れていたので、
私も撮りたい、多少銭?
(いくらだった?)と
聞いたら、2500元。
別の女の子の 宣材写真は
5000元だって!
ちなみに このHPに
画像をアップしました ふつうの
街中の写真館は 300元くらいでした。
(今 一元は 13〜14円くらいです)
7万円の写真って!
でも ライティングと 修正が
うまいんだよなぁ!
整形するより 安いしなぁ!

整形といえば、
話には 聞いていたけど、
クラスの 女の子が、
あっという間に 顔が変わってしまったのは、びっくりでした。
授業中なのに 濃い色のサングラスを
かけていて
ヘンだな、とは 思っていたのだけれど、
めがね取ったら 鼻が・・・
授業は ほとんど休まず
あんな短期間に 変わってしまって・・・
目の当たりにすると
ショックを受けますね。
彼女は それを 隠すわけでもなく、
みんなで 和気藹々と
出来上がりについて
語り合っている・・・
女優のクラスだからなのか、
中国だからなのか、
わかりませんが(たぶん両方)
整形手術に 対する スタンスは
全然違います。
もう じゅうぶん綺麗なんだから、
ここまでに しておいてね。


タイトル | パソ復活!

作成日 | 2004-05-21

アクセス数 | 118        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

ずーっと直らなかったパソコンが
おとといやっと使えるように
なりました。
あー長い道のりだった!
何回 中関村に 通ったことでしょう。
日本だったら
パソコン屋は いろんなところに
点在しているのに
(西馬込に住んでいたときは徒歩2分のPCデポがあったのに)
北京は そこしかないんだもん。
バスで 一時間くらいかかる・・・
でも おかげで
バスの 路線に精通しました。
地安門大街から 834に乗ると
そのまま乗り換えなしで
中関村まで行けることがわかった。
平安里から 47で行けば
定期券で いけることも。
834は 途中 電影学院も通ることが
わかった。
今は お天気もいいし、
25元で しゃぶしゃぶは 食べられるし、
生活しやすい北京だけど
こと パソコンに関しては
ほんとうに 面倒です。

それで さぁ ネットするぞ!
と 思ったとたん
今日の午前中は 停電だったりして・・・

今は 連日 クラスの
発表会の 本番中です。
本番に 入って ぐっと伸びる子、
普段は 地味目なのに 舞台で華のある子、
勘がよくて どんどん観客を引っ張る子、
演劇というものは
おもしろいなぁ!と
あらためて感じる毎日です。
常老師も 連日最前列で
だめだしノートを書きつつ
叱咤激励していらっしゃいます。
みんな 楽日まで がんばれ!!


タイトル | 画像アップしました

作成日 | 2004-06-06

アクセス数 | 127        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

北京アルバムコーナーでは
川底下村 や 延慶の 遠足の写真、
NHK中国語講座でおなじみの
パンズとの2ショットなどなど・・・
表演系2001年級コーナーでは
舞台写真や オフショット、
集合写真など。
うーん アップロードに時間かかりました・・・
ちょっとは 雰囲気が伝わると良いのですが・・・
さすがに眠いです・・・
c0143444_20372376.jpg

c0143444_20374958.jpg

c0143444_20381883.jpg

[PR]
# by tamamikot | 2007-11-02 05:42

旧日記2003年10・30~12・28@北京

タイトル | 北京生活

作成日 | 2003-10-30

アクセス数 | 118        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

10月5日に 北京に無事到着して
三週間が過ぎました。
日本では 超夜型生活だった私が
毎朝 8時20分開始の授業を
いまのところ皆勤しています。
夜は夜で
お芝居を 観にいったり
学内で 映画を 観たり
宿題もあったりで
いっぱいいっぱいの毎日です。

パソコンが すぐ 固まってしまうのと
接続しにくいときがあったりして
なかなか以前のように
ネットできませんが
忘備録も兼ねて
日記を 更新しようかと 思います。

おとといは すごいことが ありました。

なんと ナマ姜文に 遭遇してしまいました!

中戯に隣接して
劇場が あり、
そこで 学生の芝居をやったり
お休みに 映画が かかったりするんですけど

おとといから 三日間

第二届中央戯劇学院校友電影近作展 というのがあって

さいしょ
在校生や 卒業生の
自主映画みたいな ものかなー と思い
券を もらったのですが

その後 ポスターをみたら
<天地英雄>とか 書いてあって

これって ほんとに あの 天地英雄な わけ?と
ぼんやりして
午後
習字の 上課なぞに 出ていて
そのあと 事務室のお姉さんと話したら

やっぱり
その 天地英雄だというじゃないですか!

それで
もしかすると 姜文が 開幕式に来るかもよ、
というので
私は 血相を変え
上級クラスの おばあさまに 手伝っていただいて
ダッシュで お手紙を 書いたのでした。
言いたいことの
百分の一も 書けないけど
書かないより ましだと思って。
それで
なんとか 書き上げ会場に行くと
テレビの 取材なんか いっぱい来ていて
これは 来るゾ という雰囲気。

で 開会式が
にぎにぎしく 始まり
ほんとに 姜文が 壇上に!
在校生も
誇らしい先輩に 大喜び♪

他には
揚亜州 導演や
夏雨(太陽の少年の子役ももう大人)なども いました・・・

それで 映画の上映開始前に
壇上の人たちは 
楽屋→ 裏口へと
退席していったのですが

私は 長年のミーハー生活と
レオンライの追っかけで 身につけた 追っかけのスキルを生かし、
(校内の催しということもあり
スタッフのガードは甘かった)

カタコトで 御挨拶して
お手紙を 渡すことが できました。

なんか報道陣に 紛れ込んで
出口で待ち伏せ成功。

ちゃんと 真摯な感じで
こっちを みて 応対してくれて
ありがたかったです。

手紙には
彼の映画をいっぱい みてて 好きなこと、
今月から 一年 中戯に いること、
中国語が できないから
漢語班にいるけど 
芝居の 研究で 来ていること など
ファンレターと
売り込みとが 混じったかんじで 書きました。


まぁ こんなことで
仕事に つながるとか
彼が 私を 覚えてくれるとか
思いませんけれども

来た早々
最高の ビッグネームに 遭遇して
お手紙まで 渡せちゃって
非常感動了、
かなり 興奮状態です。
カーキ色のスタッフジャンバーみたいなのに
ぶかぶかのGパンでしたが
なんかオーラが あったのと、
すんでのところで(って失礼だけど)
清潔感があり
私好みの 大男で
ちょっと ドキドキしました・・・(>_<)

昔から
思い入れのある人とは
なぜだか 会えてしまうんです。

その先の展開は
発展しないことが 多いけど
とりあえず
会えるだけは会える。

公私ともに
素晴らしい出会いが
ありますように!!


タイトル | ナマ濮存�マさま

作成日 | 2003-11-02

アクセス数 | 121        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

ナマ姜文の 興奮も さめやらぬうちに
今度は
ナマ濮存�マさまに 会ってしまいました。

首都劇場に 趙氏孤児 という
芝居を観にいって
帰りに 楽屋口で 出待ち してしまったのです。

私と 同じ頃 中戯に 編入なさった
上級班の おばさまTさんと ご一緒したのですが
ふたりで
ミーハーモードしてしまいました。
アウディが 奥から 出てきたら
「あれに乗って帰っちゃったんじゃないのぉ?」と
Tさんが おっしゃるので
車内を チェックしたら 違うようでした。

同じように 出待ちを している
中国人男性が ひとり。
彼も 濮存�マさまに サインをもらいたい、と
はりきっていました。
その後 20代の 中国人女性の 三人組が来て
六人で 楽屋口で 待っていると
まもなく
濮存�マさまが 徐帆さんと ともに登場。
みんなが ぷーさまだけ
取り囲んだ為
徐帆さんは すーっと 消えてしまった。

ぷーさまは 終演後の お疲れのところ
とても 優しく 対応してくださり、
2ショット写真を とっていただきました。

舞台で 一汗 かいた後だからか
お風呂上がりのような 感じで
たぶん 五十歳くらいなのに
清潔感溢れる いい男で
それは それは ステキでした。

濮存�マさんは 話劇の 大御所で
人民芸術劇場の 役職も なさりつつ
映画や ドラマも 多数出演。
町中で 広告の ポスターにも よく登場しているし
ワインの ラベルにも なってたりする・・・
そんな 国民的スターが
なんと 自転車通勤でした。
それも スポーツタイプとかの 特別なものではなく
ごく普通の 前に籠のついた カジュアルなもの。
それで 前籠に
その日もらった 花束を サクっと入れて
鞄を ななめ掛けして 帰っていかれたのでした。
なんてさりげない、なんて かっこいい。

北京の 一般ピーたちも
サインもらったり
ちょっとお邪魔は するものの
いつまでも 後追いするようなこともなく
あっさりしているので
そういうことができるのでしょうね。
日本の帝劇やら 日生劇場やらで 主役はってる俳優さんが
自転車通勤は ありえないし。
(そんな劇場の近くに 住んでない、というのもある)
日本のアイドルや 香港明星 なんかは
とんでもないファンがいることもあって
すごい警備でしょう。
いくら 濮存�マさまが シブイ おとなの俳優だとはいえ、
あの あのさりげなさは
御本人も ファンも かっこいいと 思いました。
ミーハーしちゃって ごめんなさい<(_ _)>

芝居は
時代物ということもあり
ただでさえ 聞き取れないセリフが
ほんとうに 難しかったので
前のほうに 移動して
(ほんとはいけないけど)
俳優の 動きと 所作と 表情を見るのに
集中しました。
大劇場(日本で言うと 日生劇場くらい)だったので
正面切る 芝居が 多かったのだけれど
俳優のレベルは かなり 高いです。
ルーティンワークになっちゃってるという 
いいかげんさも 感じられなかった。

幕開け早々
スモークに ホンモノの白馬が 現れ
ちょっとビックリw(゚o゚)w

そのあと ホンモノの牛が出てきたり
ラストは 本水の 雨が ざーざー降ったり
お金かかってましたね。
あの 馬と 牛は 出番が終わったら
どこに いるんでしょう?
排水の 設備や 技術などは
ちゃんとしているのでしょうか??

この『趙氏孤児』という 戯曲は
ふたつの劇団で 競作で上演されています。
春秋時代の お話を
元の時代の 紀君祥という作家が 書いたそうですが

今の この時期に
この作品を プッシュするという
政治的意図は 何なのでしょうか?




タイトル | ナマ朱旭さん

作成日 | 2003-11-29

アクセス数 | 127        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

話劇『北街南院』を観劇に行き、
帰りに 楽屋口で
お知り合いの役者さんを待っていたら、
主演の 朱旭さんが 出ていらっしゃいました。
とっさの ことに、
うまく話せなかったのですが
「日本から来たんですぅ、
感動しましたー」みたいなことを
話しかけてしまったら
「おーリーベン(日本)」なんて
優しく こたえてくださいました。
数々の 映画でみた あのまんま、
やさしい 矍鑠とした
おじいさまでした。
濮存�マさまは 今月も
朱さんの娘の元夫役で 出演中。
その日は もうチャリではなく
自家用車で お帰りになりました。
これが 終わったら また
すぐ次回公演『李白』の主演。
ずーっと芝居に出ていらっしゃいます。
その合間には 各種広報活動も あり
多忙なんだなー(>_<)
いっぱい芝居は 観ていますが
とりあえず
これだけ レポを
観劇記録のコーナーに アップしました。
12月は 中国語の試験が あるので
しばらくは シコ勉モードに入ります。
寒暇(冬休み)になりましたら
鋭意更新したいと思います。
このところ 連日 零下の寒さ、
外出するのが 億劫になってきました(ノ_・、)



タイトル | 聖誕節快楽

作成日 | 2003-12-23

アクセス数 | 110        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

この何年か クリスマスは
スルーしてしまっていましたが
今年は特別、
北京で迎えるクリスマス♪
留学生寮には クリスチャンの西洋人も
多いのためか
玄関ロビーにかわいいツリーも
飾られました。
そこに 各国語で 書かれた
願い事の短冊が ついています。
七夕みたい。
いろいろなことを 棚上げしたまま
北京に 来てしまいました。
感謝しています。
こちらで出会った方との
有縁分にも 感謝しています。
聖誕節快楽!

タイトル | にんにきにんにん

作成日 | 2003-12-28

アクセス数 | 123        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

20年ぶりに学生になった私は、
学期末試験に 苦しみましたが、
12/26(金)に やっと全て終わりました。
学校は、形式的なことをやるのが
スキなので、その日の晩に
まぁまぁのレストランで
宴会を設けてくださいました。
北京に来て初めて
回る円卓の飯館に行きました。
その席で よく頑張った学生に
栄誉証書を にんにきにんにん と
くださるのです。
これは 成績ではなくて
ひたすら出席率なので、
ほぼ皆勤(一日だけ芝居の稽古見学のため
休んで あとは三ヶ月皆勤)の私も
赤い額に入った証書をいただきました。
有意思(>_<)
来学期からは どういう身分に
なるか まだ未定ですが、
もう 4分の1 も過ぎてしまったので
残りの日々も 驀進しますヽ(^o^)丿
[PR]
# by tamamikot | 2007-11-02 05:37

旧日記2003年5・20~9・29北京に行くまで

タイトル | にんにきにんにん

作成日 | 2003-05-20

アクセス数 | 129        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

(表彰の音楽のつもり♪)
文化庁芸術家在外研修の任命式&説明会に
行ってきました。
絵画、写真、建築、音楽、舞踊、演劇など
いろんなジャンルの方が
短期、一年、二年、と研修期間もいろいろ、
老若男女 二百名弱 いらしていました。
舞踊・振り付け部門で
バレエ団時代の 先輩
矢上恵子さんと ほぼ二十年ぶりに
再会。
(私が 高1の夏 胡桃割りの
トネリコの精を やったとき
リラの精だった・・・)
オランダに いらっしゃるそうです。
ダンサーじゃなくなって
二十年経とうとする私は
オランダの ダンス事情なんて
全く知りませんでした。
二百人弱のうち
中国に行く方は、たったの三人!
おひとりは 杭州に 行かれる予定の
画家の男性。
もうひとりは 北京に短期で行く
映画の マネージメントの女性。
そして 北京の
中央戯劇学院に 行きたい 私、なのでした。
飛行機や ビザ取得などは
JTBビジネストラベルという会社が
受け持つことに 決まっているのですが・・・
なにしろ このSARSの 問題は
旅行社の方でも
まったく 見通しが 立たないそうです。
(そりゃ そうだ!)
私は 悲観論 楽観論に
振り回され、一喜一憂し、
もう 考えないようにしている状態
なのですが、
それでも 文化庁向けの 手続きは
他の皆様と 同じように
しなければならず・・・
ほんとうに行けるのかな・・・と
悩みつつ それを やることは
かなり辛いです。でも やります。

タイトル | フランスのユダヤ人と三社祭

作成日 | 2003-05-22

アクセス数 | 118        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

浅草田原町の ステージ円では
グランベール作 大間知靖子 訳・演出
<アトリエ>を 上演中です。
私は 19年前の 二回目の上演を
観ているのですが、
悲しいほど 覚えていなかった。
それは 記憶力の問題というより、
いかに 身につまされていなかったか、
ということでしょう。
世間さまに比べたら 甘ったれた
私の人生ですが・・・
年をとるということ、
思うようにならないということ、
生活ということ、
ルーティンワーク、繰り返すこと、
耐えること、我慢すること、
ガス抜きすること、
身につまされることが
たくさん ありました。
ユダヤ人迫害のことなどは
<さもありなん>と 想像するしか
ないですが、
普遍的な営み に
感じることが たくさんある芝居です。
そこに どっぷり浸かった直後
ちょうど 円の入り口の前に
三社祭の 御神輿が 来ました。
一昔前の ヤンキーのような お兄さんが
早く担がせろ!と うねりのように
怒鳴る声。
この人たちも ふだんは
各々 ルーティンワークをこなし、
年に一度の お祭りというカタルシスで
ガス抜き、発散 しているのかな?と
想像しました。

タイトル | 傘とサンダル

作成日 | 2003-06-04

アクセス数 | 109        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

岩松了プロデュース公演Vol.7
下北沢 ザ・スズナリにて 六月八日まで公演中。
公演中につき ネタバレは 控えたいですが・・・ 
初演を観ていないので、
題名から 勝手に イメージを膨らませていた
私は おおいに 裏切られることに。
傘は あの傘が そういうことになって、
サンダルは あのビーチサンダル だったとは。
スズナリの狭い空間に 抽象的なようでいて
リアルな質感の装置。(舞台美術:島次郎先生)
登場する女性たちは、ある意味 とんでもない
ヤツばかり。他人の傷口に 塩をなすり付けるような 言動は、いたたまれないものが
ありましたが、それが 最後の カタルシスに
向かって 収斂していく手腕は
さすが 岩松先生w(゚o゚)w
二人 ないしは 三人の対話が
気まずくなると、受け皿のように
次の人が出てきて、
ドラマの層は どんどん堆積していく。
錯綜する会話、舞台と客席の距離が近いので
否応なしに 感じさせられてしまう肉体。
救いがない閉塞感に 巻き込まれながらも
些末的な 言葉が 妙に
ツボだったりします。
非常に 私的な ツボでは、
まりあの ふとももの くだり、
カラオケで 唱う歌が 何故か
『ホテル』(by島津あきら)の
♪芝を 刈っていた〜♪の部分だったのかが
気になります。

タイトル | 甘草/カンゾウ

作成日 | 2003-06-16

アクセス数 | 128        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

甘草が SARSの治療薬になる、と
フランクフルト大が発見して
イギリスの医学誌に 発表した、と!
うーん もし 本当なら
あまりにうれしくて
いつも 淡々と 
ネットのニュースを切り貼りしてる
(ご容赦:無断転載<(_ _)>)
SARS情報掲示板に
コメントを 書いてしまった〜
効果のある薬剤が 発見されたのは
初めて、とのことなので
これ自体 かなりの朗報だけど、
それが お馴染みの 甘草とは♪
私は 風邪で よろよろしたとき
<リコリス>を飲むと 歩けるように
なるんです(;^_^A
(半分くらいは 思い込み?)
広州で みつけて以来、
常用の 漢方シロップ
<蛇肝川貝枇杷膏>にも 甘草は
配合されているし・・・
知らずに 非典に対抗していたんだな
ヽ(^o^)丿
ついに 渡航自粛勧告地域は
北京、台湾、トロント と
なってきたけど、
愛しの北京は 最後でしょうね・・・
いったん収束しても
冬季の乾燥で 再流行も
懸念されるので、
少しでも 効果がある薬剤は
光明です!
ウイルスは 変容するから
ワクチン開発は いたちごっこ、
自然治癒力を高めるしかないって
言われてたのですから。
こうストレスフルな毎日で
自然治癒力といっても・・・
加油!徳国的医療研究者!!

タイトル | リチャード三世

作成日 | 2003-07-15

アクセス数 | 111        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

演劇集団円公演
紀伊国屋ホールにて 上演中です!
(20日の日曜まで)
http://www.en21.co.jp/
まず シェークスピア劇は
たくさんの人数出られるから いいな!
年に 何本か こういうお祭りみたいなことが
必要でしょう。
主演の 金田明夫さんは
大好きな先輩!
二十代の頃は まとわりついてました(;^_^A
お茶の間的には 金八先生の
北先生http://www.tbs.co.jp/kinpachi/inter8_1.html

ということに なるのかもしれませんが
遠目に みても つるつる ぴかぴか!
フットワーク軽く、 引き出し多く、
感性ナイーブ、
日本の新劇界には
中国の戯劇大学のような
身長制限がないおかげで
こんな 素敵な俳優が いらっしゃるわけだ。

金田さん
私は 伸び悩み、紆余曲折しすぎ、
でも いつか また 
一緒に お芝居できるように
くさらず がんばります。

ラストシーンが ビジュアル的にも
ぐっときて
演出の平光さんの 個性を感じました。

タイトル | 誕生日だったのに

作成日 | 2003-08-05

アクセス数 | 120        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

三十八度四分まで 熱が出てしまった!
ほぼ一日下がらなくて
扁桃腺もリンパ腺も ぐりぐり腫れて、
もし男子だったら タネがなくなりそうだった
(>_<)
こんな高熱が続いたのは
十年ぶりくらいで 辛かった!
いつまでたっても熱が下がらず
うんうん いってたら、
さっき急に がたがた 下がって
平熱になりました。
不思議だなぁ(ノ_・、)
きっと 基本的な体力は あるほう
なんだと思う。
咳は全くでなかったので
SARSではなかったようです。
留学ビザ用の 身体検査を
受けなきゃいけないので
早く元気にならなくちゃ!焦る焦る!

毎年 誕生日や お正月は
「今年こそ○○!」と
誓ったり 願ったり するけれど、
叶わないことばかり・・・
でも 今年は
環境が 激変することが確実なので
人生転がしていけそうな気がします。
ローリングストーン!
まずは 健康のありがたみを痛感。
履歴書や 入学願書には
健康状態:良好 と 書いてしまうけど
実は あんまり良好じゃない。
早く ほんとうに 良好にならなきゃ!

タイトル | 長期留学ビザ

作成日 | 2003-08-28

アクセス数 | 121        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

この度 短期の観光旅行や 商用では
ビザが不要になったとのことですが、
半年以上の 中国留学には やはり
ビザが必要です。
ビザ取得のために 必須なのが
健康診断書。
しかも 国公立病院のものしかダメ!
というので 
駒沢の国立病院医療センター
(旧 国立第二病院)まで行って
検査していただきました。
それで 血液検査等の結果がでるまで
二週間ほど・・・
風邪が治りきらずに
点滴した翌日に行ったので
ちょっと不安でした。
が 案の定 白血球やら 肝機能やら
血沈やらの 値が めちゃくちゃ。
それで 採血やり直していただいて
異常値の成分だけ 当日判定して
いただきまして
なんとか クリアしたのですが
血沈だけ 最後まで ダメでした・・・
もしかすると これって
足を 虫に刺されて
太いフトモモが さらに ふとーく
なってるのと、関係している?
私が虫さされに ノーケアすぎたのが
こんなことになるなんて(涙)
幸い 愛滋病(エイズ)肝炎 など
大病=伝染病 は シロでした!(ほっ)
感染しなきゃいいのよね?
血沈が異常だからって
ビザがもらえないなんて こと
ないよねぇ・・・?
毎日 二、三人 同じビザ目的の
検査の方が いるみたいだけど、
わたしが いちいちひっかかるので、
看護婦さんが
「あなた いろいろ ひっかかって面倒ねえ」
なんて言うので
「元気にみえても40過ぎてガタがきてる、っていうことでしょうか」
「でも私より病弱そうな人、いっぱいいそうだけど」というと
「病弱な人はね、長期 中国に行ったりしないの」だって。なるほどー。
確かに 最近 かなりのストレスで
免疫力落ちてる・・・
無事 北京に行けたとして
さらに ストレスなのか、
一気に元気になるかは 賭け かも
しれません。


再検査を 終えて 診断書をいただき
帰宅すると
戯劇学院から
書類と 入学許可証が 届いていました。
こちらも 申請から 一ヶ月かかりました
(仕事おそい)が
ちゃんと よんでくださって
うれしいです!
がんばって 学習します。

これで 書類が やっと
全部揃いました♪

あとは 私事だけ、
のりこえよう。

タイトル | 模様替えヽ(^o^)丿

作成日 | 2003-08-30

アクセス数 | 117        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

開始以来、技術ゼロ&オシャレ度ゼロ、
無地の桃色背景で
HP作っていましたが、
かわいい中国風素材のフリーページを
みつけたので、
背景やラインなど 変えてみました。
字は ちょっと 読みにくくなっちゃった、
かな。
孫悟空に 「好!」と
かけ声がかかっている絵は かわいいです♪
ももまんじゅう も かわいい。
このあいだの NHK講座で
盧思さんが
「日本で、おさるさん というと
バナナ食べてるイメージあるけど、
中国では、なんとなく 桃なのよ」と
おっしゃってました。
昔は スイカ姫と 言われていた
私ですが、
今年は 桃ばかり食べています。
うっきー


タイトル | 明日引っ越し

作成日 | 2003-09-29

アクセス数 | 120        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

三年間御世話になった 西馬込とも
明日で お別れです。
流れ流れて 人生さ・・・
最後の夜 屋上から見た夕日と
下弦の月、お寺の鐘の音・・・
ここに住んでいる間
試練の日々だったけど
生きてるだけで ありがたい。
父も 生きていてよかった。
[PR]
# by tamamikot | 2007-11-02 05:33

旧日記2002年8・16~2003年5・16

タイトル | リニューアルオープン

作成日 | 2002-08-16

アクセス数 | 57        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

『蔵のある家』宣伝サイト として
オープン いたしました このページも、
芝居が 終わりまして、
模様替え いたします。
自分の 宣伝が ないので(かなしー(ノ_・、)
自分の 好きなもの(舞台、映画など)
の 情報を アップした 趣味のページに
シフトして 更新したいと 思います。
トップページに アップしました
今月の おすすめ情報!!
「アジア舞台芸術2002東京」

どの回か 未定なれど
行くつもりです。
一緒に 行きましょう〜

あと17日の土曜日
横浜の アーロン・クオック公演も
行くことに なりそうです♪


タイトル | 激動の 8月が

作成日 | 2002-09-07

アクセス数 | 62        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

終わった!
どう激動だったかは のちのち
判明することでしょう・・・
生まれてこのかた 東京にしか
住んだことない私・・・一生に一回くらい
違うところにも 住んでみたい。
有没有縁分?

タイトル | HSK

作成日 | 2002-10-19

アクセス数 | 72        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

ふた月近く 放置してしまった日記コーナーです。
面白いことも、つらいことも いろいろ
あったのですが、書くとなると・・・(ノ_・、)

10/27に HSK(漢語水平考試)を 受験することになりました。
これは 英語でいうところの トッフィルみたいなもので、スコアで 評価されます。
範囲も 膨大で きりがない感じ・・・
いままで 趣味で ちんたらと 楽しく
やってきた中国語が 嫌いになりそうで
困っています。
準備不足なのですが <数打ちゃ当たる>と
まぐれ目指して 受けてみます。
中検のように 四声を 厳密に 
覚える必要がないのは ありがたいです(^_^;)

タイトル | 赤頭巾ちゃん気をつけて

作成日 | 2002-10-23

アクセス数 | 60        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

23日深夜(24日になりたて)一時から
NHK衛星第二 で ふるーい東宝映画
<赤頭巾ちゃん気をつけて>が放送されます。
最後に出てくる ちっちゃい子は
30年以上前の 私です。
ドアノブよりも 小さいと思います。
ちょっと しゃくれ気味なのですが
(矯正前) 録画しましょうっと。

タイトル | HSK終わりました!

作成日 | 2002-10-29

アクセス数 | 59        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

10/27早稲田大学にて
二時間半 ぶっ通し。
感触としては 難しかった〜
ヒヤリング問題は
状況設定が わからないから、
何について 話しているのか
わからないから、何がなにやら。
ただ、吹き込みの声は
対策本の CDと 同じ銭波さんではないかな?
彼は 北京人民劇場の ご出身らしく、
けっこう 芝居っ気 たっぷりに
読んでいらっしゃる。
おじいさんの時は 老けた声。
感情に 沿った声色。
だから 後半は その 声色に
頼ってしまった(^_^;)
<この男性は どんな気持ちでしょう?>という 問いかけに、
選択肢が 4つ ある。
彼の声色は 不愉快そう。
だから ネガティブな 状態のようだ、
そうすると 4つの うち ふたつに絞れる。
うーん 遺憾かな?
なぁんて。
こんなことで いいのか?!
文法のセクションも
一問について 時間配分が
40秒しかなくて
時間が足りない!
反射的に 接続詞の対句を
選べなければならない。
そ、そんなぁ!
まあまあ できたのは、
最後の 長文読解だけ でした。(涙)
中検と 違って、
問題用紙も 集められてしまったので、
答え合わせもできなくて、
実感も わかない。
うーん 道は 険しい!
黎明の映画の 北京語のセリフは
聞き取れるのに どうしてかな?
映画は 状況設定が あるし、
字幕が あるから
わかっちゃうのー
それに レオンさんは 演技が
的確だから・・・?(・_・;)
しばらく 教材を やる気がしないので
黎明や 他の 愛しの君の
ビデオでも見て
眼福・耳福で 多聴しましょうっと。
それで 翌 月曜は
ステージ円に 円公演
<ブラインドタッチ>を観に行きました。
何十年ぶりに 出所して
シャバに 戻った、という 状況に
北朝鮮の 拉致被害者の ブランクを
彷彿としてしまった。
女性のほうが 年上、という設定にも、
自分を 重ねてしまったり・・・
先輩の 俳優さんに
「プロの女優なんだから、芝居を
自分に引き寄せて観るのは いいかげん
やめなさい。」と
言われたことが ありますが。
またもや。

タイトル | スマップコンサート

作成日 | 2002-11-06

アクセス数 | 58        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

セラ班の Mさん&息子さんのRくん、Pさん、と 一緒に 行ってきました!
去年の 東京ドームが 初めてだったので
二回目です。
会場は 東京スタジアム。渋谷から明大前経由で 飛田給に 行きましたが、もう 渋谷から
尋常でない混雑。京王線は ラッシュの様相。
民族大移動には ほとほと 疲れましたが、
コンサート自体は 満足〜 満意♪
円形のスタジアムの 舞台の 向かい側の
席だから 直線距離は 一番遠い部類。
去年の ドームより 遠い スマくんたち。
同録の映像も やや 小さめ。
それでも 満足感を 与えられる、
構成・演出・スマップの サービス精神は
すばらしい!
ジャニーズシステムの ひとつの 頂点
なのではないでしょうか。
目の前の 照明用の 櫓に
顔見せ に 来てくれることを
最初から 期待していたけど、
思惑通り キ、キター
山車みたいなので 二台に別れて
アリーナを半周して
こっち側の 櫓に!
しかも それが せりあがる!
それまで さんざん 遠い(ノ_・、)という
飢餓感の中にいたから、
肉眼で 見られる スマくんに
大感動!祭りだ!
ちょうど その時に 大雨で
中居君が 滑って 落ちないか心配しましたが、
望遠鏡で こっちを 見てくれました。
MちゃんPちゃんの 中居班団扇が
見えたかな?
私は スマヲタではないし、
CDも ほとんど もっていないけど、
スマップは ほんと ツボです。
歌がヘタなのを ネタにしているのは
どうかな(・_・;)とも 思いますが、
リズム感抜群 踊りカッコイイ
キャラ×5
仲良きことは 美しき哉〜
この時期に 野外というのは
キビシイですが、
真ん中が 空いて 星空が見えて
(曇り→雨 でしたが 時々飛行機も見えた)
なんか 巨大なUFOに 乗ってるような感じ
でした。
『夜空のムコウ』では
ほろりと 来ました。
そう ディープな迷(ファン)じゃなくても
ほとんどの 曲は 知ってるのよねー
エス・エム・エー・ピー
スマップ・ファイブ!

(今日の日記は 2ちゃんねらー風になってしまいました)
スマップタン ハァハァ
テレビで 見ると
三十才のアイドルに 辛さを感じることも
ありますが、コンサなら
あと 10年は いけるよ!!
慎吾班の 私だけど
全員 好き! 来年も 行きたい!

タイトル | 新年好!

作成日 | 2003-02-05

アクセス数 | 60        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

今年の春節は 二月一日。
激動の 一月が 終わり、
二月で またまた お正月気分。
いよいよ 本格始動です。
このところ 人生ままならないことの
連続だったので
念願叶って ほんとうに うれしいです。
お力添えいただきました
先生、先輩、朋友
ありがとうございます。
九月まで 中国語学習
頑張らなければ!
九月からは もっと 頑張らねば!
2003年人生転がしていこう。
ローリーングストーン。

タイトル | 情人節

作成日 | 2003-02-14

アクセス数 | 57        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

日本でのバレンタインは、
製菓会社の陰謀か、
女性側から チョコレートを送る風習が
定着してしまいましたが・・・
中国では 男性が 女性に
薔薇の花を 送るのだそうですね。
来年に 期待〜
もちろん 今年も 受け付けています(^_^;)
来るモノ拒まず
去るモノ追わず
それができたら もっと
うまくいってたのかなぁ・・・

タイトル | 為什麼?

作成日 | 2003-02-22

アクセス数 | 60        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

♪♪♪♪
“為什麼ヤ〜為什麼ヤ〜為什麼為什麼〜”
ウェイシェモヤ〜ウェイシェモヤ〜
ウェイシェモウェイシェモヤ〜
(テツ&トモの なんでだろう〜♪の節で)
カウンターを付けてみてから、
なんか とっても アクセス数が増えてる。
昨日なんて40人・・・
二人ほど 私信書いた方に
「映画感想文書いたの」なんて
お話ししたけど
他に 思い当たることは ない。
アクセス解析なんて
もちろん できない私ですので、
お客様は カキコしてくださいねヽ(^o^)丿

タイトル | Happy 2000

作成日 | 2003-02-27

アクセス数 | 62        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

こんな ろくすぽ 更新していないのに、
2000なんて うれしいなー♪

某申請書類に 健康診断書が 必要になり、
身体検査をしました。
胸のレントゲン写真なんて 何年ぶり・・・
各検査結果が 出るまで
マジで ドキドキしてしまって(・_・;)
おかげで 血圧が 上がってしまった。
円の先輩の 早すぎる死、
同世代の方の 病気、
今クールに 二本もある
<余命宣告>ドラマ。
いままで 大病したり 亡くなったりするのは
親の世代 だったのに、
自分の 世代に 近づいている。
健康に 気をつけると、
気をつけることが ストレスになってしまう
私ですが、
幸い お医者さまに かかるのは
億劫じゃないので
(かまってもらうのは むしろスキ)
検診は 頻繁に 行こう!
心身共に健康、という
見過ごしがちな 条件に
ハードルを感じる今日この頃。

タイトル | 非常麻将

作成日 | 2003-02-28

アクセス数 | 61        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

トップページに お知らせを
書きました。
おととしの夏 ベセト演劇祭の一環として
新国立劇場で 上演されました。
その時私は 楽屋の お手伝いを
させていただいて、
舞台稽古と 本番を 拝見させて
いただきました。
その洗練されたスタイル、
確固たる技術に 裏打ちされた
自由な演技。
凛とした背筋、
素敵な声と せりふ術。
こういう俳優は
どんな教育を 受けてきたのかな?
という 興味が 沸々と湧き起こり、
漠然と希望していた
北京演劇留学を、
切実に 希望する 動機の
ひとつとなりました。

タイトル | 猟奇的な彼女

作成日 | 2003-03-06

アクセス数 | 57        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

韓国映画を映画館で観るのは
『チング』以来 ほぼ一年ぶり。
予告編や 友人やネット上でのネタバレで
だいたいの設定は 了解していたけれど、
予想を上回るキュートさ!
キョヌが 彼女の寝顔を優しく見ている
あたりから ぽろぽろ 泣いてしまった。
(前半も前半 最初のほう)
最後は 花粉症と 相まって
グジュグジュ(ノ_・、)
あんなに優しい男の子は
少女漫画のファンタジーのよう。
でも あんなにも 優しくされるには
女のほうに 相応の 魅力が ないとね!
そこのところに 自信がない私は
キョヌのように
叩かれながらも 相手に尽くすべきか、
とも 思うけど、
男が 女を 殴ったら
(いくら私のガタイがよくても)
ドメスティックバイオレンス ですものねー
逆のケースは成り立たない。
韓国の おぼっちゃま お嬢さんの
家庭環境は、
儒教的でいながら 普遍的で。
スピルバーグがリメイク権を 買った
というのも うなずける。
キョヌは うすピンク色の
コットンセーターなんか着ちゃって
品がいい。
ヒロインの チョン・ジヒョンは
黎明の ミュージックビデオ
<心在跳>(ロケ地ウイグル)とかで
相手役を やっている人。
(スーチーを整えて上品に、
かつ あどけなくした感じ)
そんなわけで 何百回も 彼女の
映像は 観ていたけれど、
こんなに かわいかったとは!!
この映画を カップルで観たら
男の子は 優しくなる!と思う。
(中国絡みでは ないので あえて
こっちの コーナーに書きました)

タイトル | 事務の嵐

作成日 | 2003-03-14

アクセス数 | 59        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

お勤めを したことがない私は、
事務手続き、というのが とっても苦手。
結婚届けも出したことないし。
苦手というより 面倒なだけなんだけど、
必要とあらば やらざるをえません。
戸籍抄本、住民票、税務署。
黒木瞳さんのCMのように、
「職業・女優」なんて
たくさん納税する身分に
なりたいなぁ!!
残る事務は 中国の大学に
提出する書類の数々。
大学の卒業証明書や 成績証明書を
慶応に もらいにいかなければならない。
そんな 大昔の記録
とってあるのでしょうか・・・(不安)
留学生とはいえ、
ほぼ二十年ぶりに(・_・;)
学生 になるということなんだなぁ〜
いままでの経験を フィードバックして
学べるというのは
何も考えずに 大学に行ってた頃より
有意義でしょう。
脳味噌の衰えを 鑑みても
おつりが来る。
我再努一把力!

タイトル | 『非常麻将』東京公演終了

作成日 | 2003-03-28

アクセス数 | 59        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

三回とも 観られました。
でも もっと 観たいです。
ますます 北京に 行きたくなりました。

タイトル | 張 國榮

作成日 | 2003-04-03

アクセス数 | 54        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

『覇王別姫』『流星』『上海クランド』『金枝玉葉』『色情男女』・・・
そして『ブエノスアイレス』・・・
黎明迷の 私だって 彼の映画は
たくさん観ている。
マイク103(中華カラオケ)で観た
数々のミュージックビデオ。
四天王より 上の、別格、という
感じだった。
なぜ?どうして?
ゲイで ナルシスティックだから
年をとることと 折り合いが
つけられなかったの?
本当のところは 御本人しか
わからない・・・
確かなことは、
日本でも たくさんの人が 泣いています。
ご冥福を お祈りします。


タイトル | 去年の今頃

作成日 | 2003-04-16

アクセス数 | 56        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

新国立劇場の『三人姉妹を追放されしトゥーゼンバフの物語』に出演していました。
作・演出は 岩松了氏です。
この芝居に出演できたことは
ほんとうに うれしかったけれど、
稽古中も 本番中も きつかった。
つらかった。
今日 女優の友人(先輩だけど)からの
メールに
<演劇って辛い>と ありました。
確かに プロセスは 苦しいし、
及第点とか 満点とか
到達点なんてものは 無いし、
仮に いい役をやれたり
評価されたとしても
それは もう過去のことだし。
評価自体も 
主観的な まちまちな ものだし。
そんな形のないものに
人生賭けるのは つらいこと。
でも プロセスにこそ 意味があり、
苦しんだり 悩んだり できることが
特権だとも言える。
ふだんは マーマーフーフーで
お祭り好きの 出たがり屋の私ですが、
また 岩松さんの芝居に出たくて
出たくてたまらず
悶々とする春の曉です。

タイトル | SARS

作成日 | 2003-05-04

アクセス数 | 64        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

まさか こんな事態に なってしまうとは・・
それも よりによって 北京が!
秋の渡航予定も 見通しが立たなくなりました。
掲示板形式で SARS情報コーナーを
作りました。
日々 変わっていく状況を
時系列で まとめたい、と
思ったのが 動機です。
あえて 主観的 コメントを 書かずに
コピペした 内容が
言いたいこと、という感じかな。
天安門事件の頃は
まだ 中国のことを ほとんど
知らなかった私。
中国に 興味を持ち、中国語を始めて
もう 八年くらい・・・
よりによって 留学が決まった年に
未曾有のパニックが 起こるとは・・・。
でも 実際に 留学中
赴任中の 方は もっと 大変でしたね。
ビジネスだったら
自分の 気持ちだけで 動けないことも
あるでしょうし。
感染ルートの解明、ウイルスの研究
治療法の確立、
一日も早い 解決を 望んでやみません。

こんな 中国好きの私だって
北京への愛が なくなりそうなのに
普通の人の 中国アレルギーは
ひどいんだろうな・・・
適切な 警戒は 必要だけど
中国人や
中国からの 帰国者が
いわれなき中傷をされないようにも
祈ります。
その気になりやすい私は
先週 生まれて初めて
血痰を吐いてしまいましたw(゚o゚)w
行きつけのクリニックで 診ていただき
もちろん シロでしたが、
自分の こういう性格(体質)にも
あきれています。
そんな自分を 鼓舞するため
私なりの
北京へのエールを こめて
『北京バイオリン』を観にいきました。

タイトル | ジュリー!

作成日 | 2003-05-16

アクセス数 | 78        推薦数 | 0

カテゴリー | 日記 > エンターテイメント > エンターテイメント

沢田研二芸能生活35年突破記念@渋谷公会堂
行ってきました。
思えば 新曲出たら シングル盤(もちろん ドーナツ盤◎)を買って 聴いて、部屋に ポスター貼って・・・という
ミーハー活動の原点は 私の場合 ジュリーだったのでした。
ただ 当時は 小学校から 中学前半 くらいだったから、
コンサートに 行くことは なかった。
だから 生ジュリーは 初めてでした。
(その後の 世良さんで 追っかけ活動を開始することに)

一時 西川のりお のような 風貌に なってしまったジュリーさん、
開演前は不安も あったのですが、
遠目で見たら まだまだ 往年の美貌を 彷彿とさせる範囲で 頑張っておられます。
テンション高く 走り回り、今年55歳なのに かなりスゴイと思う。歌声も衰えず 個性的。
最初の 頃の 初期の曲
<君をのせて> と <巴里にひとり>のフランス語バージョンで
何故か 滂沱の涙でした。
どうして そんなに 泣けるのか
不思議だったけど・・・
瞬時にして その曲を聞いていた頃の
心象風景が 浮かんできて、
現在との 落差に 泣いてしまったのだと
思う。
「君をのせて」を 聞いていたときは、
小学生ながらに この歌詞のような
王子様が 私を乗せて夜の海を渡る船になってくれる ことを 夢想していたのでしょう。
それが もう 30年船は来ないよ!
「パリにひとり」を 聞くと
こども心に なんか おフランスは
おしゃれで かっこいい、と
漠然と 憧れていた。その後
パリオペラ座の シャルル・ジュードに
憧れたりするが、
彼も ベトナムの血が入った
黒髪の オリエンタルビューティーだもの、
東洋フェチの目覚めは 早かった。
そんなことが 走馬燈のように巡るのは
音楽の すごい力。
このまま 泣き続けたら どうしようかと
思いきや、
個人的思い入れで 泣いたのは その二曲だけで、
あとは のりのり(たまに しみじみ) でした ヽ(^o^)丿
<カサブランカダンディ>では 口から 霧吹きしてた〜
ジュリーも 元気だけど ファンも 元気!
平均年齢45〜50と 見ましたが、一曲目から オールスタンディング。
曲によって 手振りをする しきたりが ちゃんと守られていて面白かった!
(セラ班だと
たとえば <テンカウントにはまだ遠い>という曲で、ヒュー、ってやるとか そういうお約束の 手の動作があるんです♪)
すごい人数が 同じ動作をするって
祝祭 というか・・・
教祖と信者の 幸せなひととき。

明日が見えず
日常の辛さが こたえて いたけど
元気を もらいました。
芸能の力。 感謝。
[PR]
# by tamamikot | 2007-11-02 05:31


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧